生命保険への不安・不満

近年安い生命保険を謳う会社が目立ち、特に貯蓄型の生命保険の数が多い。
何十年後に、その貯まった分の額とプラスαの金額が戻ってくる。そんなもらった人なんて聞いたことがない。
実際にどれだけの金額が戻る?その前にその保険会社は生き延びているのか?という疑問点が多い。
保証内容も、安易に契約してしまうと落とし穴が多い。保証内容は、事例を多く持って検討しないと痛い目に合う。


最近通帳を作りに行き、生命保険を勧められた。銀行でも、生命保険を販売することが増えてきた。安易に貯蓄だと言われても、その貯蓄がどこにいくのかが不安だ。銀行も生命保険を売る時代になってきた。安易に入れる分、入った後にあれこれつけられ保証ができないといわれてしまうんじゃないかと思うことがある。
安さに惹かれ自治体の保険に入ったが、保証の内容が薄く失敗した。
外資系も近年がん特約や三大疾病、持病持ちでもというが、その時にどれぐらい保証してくれのかがわからない。
安く・手厚いと謳う半面、本当にそうなのかが不安な点が多々ある。

更新情報

 ★生命保険や医療保険の分かりにくさについて